So-net無料ブログ作成

【小5男児重体】認識を改める必要あり! 近づいただけで失明の危険、噛まれたら全身出血も! 毒蛇「ヤマカガシ」の凶悪性を徹底解説! [危機管理]

スポンサードリンク




【小5男児重体】認識を改める必要あり! 近づいただけで失明の危険、噛まれたら全身出血も! 毒蛇「ヤマカガシ」の凶悪性を徹底解説!


 


 ヤマカガシといえば、少し前まで毒ヘビというイメージはなかった。その前は、図鑑にも「無毒」と書いてありました。無毒から微毒、そして近年の症例などから猛毒にまで格上げされた。また、口内の毒牙だけでなく、首の付け根にも毒腺を持ち、毒を放出することも可能というなかなかに変わった生態を持つ蛇です。


  ヤマカガシは、臆病ですぐ逃げる、その地味な暮らし振りのでせいか、長らく毒蛇とは思われていなかったため、未だに無毒であるという認識の人も多く、そのせいか手を出してしまう事もあるようです。


  ヤマカガシはナミヘビ科の全国に分布するヘビで、水辺や田圃などに多く見られます。色彩変異の多いヘビで、地方によって模様が全然変わってくるため、かつてはそれぞれが別種のヘビなどと考えられていたこともあったそうです。


  ヤマガカシがもともと無毒とされていたのには、実際に噛まれても毒作用を受けた例が少なかったことに起因します。というのも、多くの毒蛇の毒牙は・・・・・・・・・


  


   つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/7126


 


yjimage.jpg

 


記事・画像 引用・参考元 Excite News <(文=くられ)>


http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201708_post_14060.html?_p=1


画像元「Thinkstock


 Yjimage https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%B7&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。