So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレス社会・ストレスの時代に、「呼吸法」による心身のオアシスを! [健康]

スポンサードリンク




ストレス社会・ストレスの時代に、「呼吸法」による心身のオアシスを!


 ストレスは病気発症の引き金となる。身の回りにはストレスの発生要因が渦巻いている。ストレスが強く長期に及ぶと、自律神経のうち、交感神経が優位になり過ぎ、体が緊張し、心拍数や血圧が上がる。同時に呼吸は浅く、短くなる。もともと日中のアクテイブモードの時は交感神経が優位で、日が暮れ掛かって夜に移行するに従って、副交感神経が優位になっていく。


 ところが夕方を迎えてもこの切り替えがうまくいかず、交感神経が優位になった儘という状態が良くないのだ。この切り替えがうまくいかない状態が長く続くと、両者の関係のバランスが崩れ自律神経の乱れを生じるようになります。この状態が所謂「自律神経失調症」と言われるものです。


 


 自律神経の乱れは、動悸、息切れ、高血圧、目眩、耳鳴り、吐き気、頭痛、過呼吸,イライラなどの症状が出るようになります。更にこれらは酸化ストレスを誘発し、病気の90%の原因となる活性酸素を体内に過剰発生させます。同時に自然治癒力の低下から、免疫力が下がり、感染症から果てはがんまでも発症しやすい生体環境を作ってしまいます。


  自律神経の乱れ、アンバランスは、このように病気を・・・・・・・・


  


  つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/6937


 


yjimage (10).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <健康>


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E5%91%BC%E5%90%B8%E6%B3%95&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: