So-net無料ブログ作成
検索選択

セアカゴケグモの教訓(41都道府県で確認 22年前に大阪で初の発見 ヒアリと同じく強い繁殖力!)に学べ! ヒアリの日本侵入! [危機管理]

スポンサードリンク




セアカゴケグモの教訓(41都道府県で確認 22年前に大阪で初の発見 ヒアリと同じく強い繁殖力!)に学べ! ヒアリの日本侵入! 

 

 22年前に国内で初めて大阪で発見された特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」。海外では死亡例もあり“殺人グモ”と騒がれたが、今も生息域を着実に広げ、41都道府県で確認されるまでに至っている。「強い繁殖力」という特徴は、強毒の「ヒアリ」にも共通するが、専門家は生態に関する情報が乏しい現状を踏まえ、ヒアリについても、セアカゴケグモの教訓【41都道府県で確認 22年前に大阪で初の発見 ヒアリと同じく強い繁殖力!】に学び冷静な対応が重要だと訴えている。

                       ◇

  それではセアカゴケグモについて記してみよう。豪州原産で、熱帯から亜熱帯を中心に生息するセアカゴケグモ。腹部背面の赤い模様が特徴で、「α-ラトロトキシン」という神経毒を持つメスの個体にかまれると、嘔吐(おうと)や発熱などの症状が出る場合がある。一方、ヒアリと異なり、攻撃性は余りないとされている。

 

 セアカゴケグモは、日本では平成7年秋、大阪府高石市で初めて発見。生態に関する情報のあやふやさを背景に、関西では毒グモ騒動が過熱した。 注意を呼びかけるビラが各地で配布され、行政による駆除作業の様子は大々的に報道された。

 「毒性は比較的・・・・・・・・・・・

 

       つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/6895

  

yjimage (1).jpg

 

記事・画像 引用・参考元 Yahoo News <Sankei-Soci>(細田裕也)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000104-san-soci

画像元 yjimage

セアカゴケグモ https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%82%B1%E3%82%B0%E3%83%A2&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large

ヒアリ

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AA&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large

 

 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: