So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレスについては病気発症の引き金!現在社会はストレスだらけ! [健康]

スポンサードリンク




ストレスについては病気発症の引き金!現在社会はストレスだらけ!


 


 病気発症のきっかけはストレスだと言われています。ストレスとは単に「(精神的な)悩み」だけではありません。その他に、「(肉体的な)継続的刺激」、「過労」、「寝不足」、「過食」、「薬剤の長期使用」などがあります。


 それらは、「(自律神経のうち)の、交感神経(以下①と称す)の優位な状況の持続」を作り出すという共通点があります。生体は、交感神経と副交感神経(以下②と称す)のバランスの上に成り立っています。これがシーソーの様に、一方が優位になれば、もう一方が劣勢になり、それぞれの機能を果たす様になっています。①は「活動的なモード」の時に機能し交感神経は「修復(リラックス)モード」の時機能します。


ヒトは日中活動しますが、この時は、生体を修復する「分泌物」を一切止め、血小板の機能(外傷を受ける機会が増えるのでそれに備え出血を止めるため)をあげ、行動的になります。一方②優位の時は、日中のアクテイブなモードで疲労した生体の修復をし、翌朝からのアクティブモードに備えます。それぞれの神経には、白血球中の「顆粒球」・・・①、また同じく②には白血球中の「リンパ球」が連動しています。顆粒球には、アドレナリンのレセプター、リンパ球には、アセチルコリンのレセプターを持っています。1日当たりの活動的なモードが長時間に亘り、またそれが長期に亘るような場合(即ち働き過ぎ=過労)は、アドレナンが優位な状況、引いては顆粒球優位な生体環境を招きます。


 顆粒球はリンパ球と同様、免疫を司どるものですが、真菌や比較的大きな細菌を「活性酸素を振り掛けて殺傷する」という性質を持っています。アクティブモードが長く、しかもそれが長期に亘ると、活性酸素が過剰状態になり・・・・・・・・


  


つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/6853


 


yjimage (10).jpg

 


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました