So-net無料ブログ作成

「開運何でも鑑定団」に物言いをつけた陶芸家! 曜変天目を再現・展示! [芸術]

スポンサードリンク




「開運何でも鑑定団」に物言いをつけた陶芸家! 曜変天目を再現・展示!


  


 漆黒の釉(ゆう)面にきらめく斑紋が星のように浮かぶ中国・宋時代の茶碗(ちゃわん)「曜変(ようへん)天目」。この再現に取り組む愛知県瀬戸市の陶芸家、長江惣吉さん(54)の作品を集めた「曜変・長江惣吉展」が、市美術館で開かれている。22年に及ぶ研究で辿り着いた成果と、その技法によって創作された独自の世界が広がっている。


  江戸時代から窯業原料商、窯元と続く家に生まれた9代目。戦後、曜変の再現に取り組み始めた8代目の父・惣吉氏が、1995年に亡くなり、跡を継いだ。「天下一の茶碗とか国宝の再現とか、重苦しくて。その気はなく、父と反目していた。亡くなった後、間に立って苦労した母から父の思いが伝わってきた」と振り返る。


  96年に初めて曜変が作られた中国福建省の建窯(けんよう)を訪ねた。そこで手にした陶片に曜変につながるものを感じた。以来、訪問は28回に及ぶ。「同じ土で作らなければ再現はできないし、意味もない」と考え、計80トンの原料も輸入した。


  研究を続け、茶碗の内側にきらめく光彩は「偶然の・・・・・・・・・


 


      つづきはこちらから ☞   http://mahoroba19.com/archives/6697


 


yjimage (13).jpg

 


引用・参考元 ヤフーニュース <朝日新聞社>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000019-asahi-soci


画像元 yjimage


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%9B%9C%E3%80%85%E7%9B%9E


 https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2Rivbi88UdZYmsAQQGU3uV7?p=%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%82%E9%91%91%E5%AE%9A%E5%9B%A3&aq=2&oq=%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%82&ei=UTF-8


 


 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました