So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の「獣医師」のいま ペットの診察だけじゃない 獣医学部とは何を教えているところなのか!?  [教育]

スポンサードリンク




 日本の「獣医師」のいま


ペットの診察だけじゃない 獣医学部とは何を教えているところなのか!? 


 


獣医学部を設置している大学は、国公私立合わせて16大学。イヌやネコなどペットが病気に罹ったときにお世話になる獣医師になるには、これらの大学で6年間、いわゆる獣医学をみっちり学び、国家試験に合格しなければならない。


 


■大学アナリストの斎藤健一郎氏が言う■


 


「大学によって獣医学部、農学部の中の獣医学科、獣医畜産学部など名称はさまざま。国公立では東大をはじめ、北海道大学や帯広畜産大学が有名です。今年3月発表の獣医師国家試験の大学別合格者は、新卒者の合格率でいうと私立の日本獣医生命科学大学が92.5%でトップ。2位が国立の東京農工大で92.1%、3位は同じく国立岩手大学で91.7%でした。以下、90.0%の岐阜大学と鳥取大学が同率で4位。これが上位ベスト5。16大学全部の既卒者を含めた合格率は、77.2%なので上位校はそれぞれ優秀といっていいでしょう」


 


■臨床受講者は学生の半数■


 


 在学中はペットや家畜の病気の診断や治療法、そして予防法などを中心に学ぶ。ただ、その履修範囲は、ボンクラ頭ではついていけない程広い。


 「基本は生物学、動物学、基礎医学や薬学などですが、近年の獣医師はペットロス症候群に対する・・・・・・・・・


  


  つづきはこちらから ☞ http://mahoroba19.com/archives/6628


 


 


yjimage (18).jpg

 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ <view/life


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/207406


画像元 yjimage


    https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88&rkf=2&ei=UTF-8&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


    https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%80%80%E7%94%BB%E5%83%8F&oq=&ei=UTF-8&rkf=1&imt=&ctype=&imcolor=&dim=large


 


 


 




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました