So-net無料ブログ作成
検索選択

「(貸出金の)ボリューム増が利益増に繋がらない」「稼ぐ手段がみつからない」……。呻きとタメ息が交錯した地方銀行の決算発表会見。 [経済界]

スポンサードリンク




 



 「(貸出金の)ボリューム増が利益増に繋がらない」「稼ぐ手段がみつからない」……。呻きとタメ息が交錯した地方銀行の決算発表会見。



  金融庁が先週2日まとめた埼玉りそな銀行を含む地銀106行の17年3月期決算(単体ベース)は本業の儲けを示す実質業務純益が1兆2834億円と前期比19.4%の大幅減益を記録。純利益も同14.7%減って1兆2億円とリーマン・ショックに見舞われた09年3月期以来、8年振りのマイナスに陥った。18年3月期も収益環境は厳しく、純利益は1兆円割れが確実な情勢だ。



  実質業務純益が20%近く落ち込んだ最大の要因は、日銀のマイナス金利政策導入を受けた利ザヤの縮小だ。大半の地銀で総資金利ザヤが0.1%未満に低下。東邦銀行など一部の地銀では“逆ザヤ”に転落した。



  このため貸出金の残高自体は251兆円と前期末比3.7%拡大したものの、その利息などから得られる資金利益は・・・・・・・・・



  



   つづきはこちらから ☞  http://mahoroba19.com/archives/6574



 



 yjimage (2).jpg



 


記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206925



 



 




スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: