So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな時に、「桜を見る会」もないものだが、大メディアが伏せた首相夫人の異常テンション! 喜怒哀楽が目まぐるしく変わる。 [なんだかなあ!]

スポンサードリンク




こんな時に、「桜を見る会」もないものだが、大メディアが伏せた首相夫人の異常テンション!

喜怒哀楽が目まぐるしく変わる。「知命」の齢に達したご婦人が泣いたり笑ったり、僅かな間に表情をくるくる変えるのは、真面な精神状態と思えない。それも「公の場」でである。15日に新宿御苑で開かれた安倍首相主催の「桜を見る会」。夫に同行し、10日ぶりに姿を見せた昭恵夫人は異彩を放っていた。

■反省なし(と思われても仕方ない)の大ハシャギ■

「もともと天真爛漫な方ですが、とにかく感情の起伏が激しいのです。見ている方がヒヤヒヤする程でした。1万6500人の招待客の大半は、安倍首相シンパの関係者。森友学園疑惑で批判の矢面に立つ昭恵夫人に同情する向きが多い。挨拶して回り、写真撮影に応じる昭恵夫人に「頑張って」「応援してます」なんて声も多く掛かる。それで涙ぐんだかと思ったら、喜々とした表情で招待客と延々ハイタッチ。安倍首相に後れを取るのもお構いなしのはしゃぎっぷりで、警護するSPも当惑している様子だった。

 春爛漫の陽気に咲き誇る大輪の桜。浮かれ気分になるのは分からないでもないが、ちょっと異様なテンションだ。大丈夫なのか?!

「夫人は非常に活動的で・・・・・・・・


 

 d5de7d9321756580012962d97bfa511320170417122918953.jpg

 

記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203703






スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました