So-net無料ブログ作成
検索選択

権力と渡り合うのを自粛する従来メデア!信頼失う新聞・テレビは生き残るのか!池上彰氏が「楽観できない」と語る理由! [この国の行方!]

スポンサードリンク




権力と渡り合うのを自粛する従来メデア!信頼失う新聞・テレビは生き残るのか 池上彰氏が「楽観できない」と語る理由!

メディアの信頼性が下がり続けている。フェイクニュース(偽ニュース)や不正確な情報が、インターネットで急拡散する時代。私たちは何を信じ、どう対応すべきか。池上彰さんに聞いた。【BuzzFeed Japan / 古田大輔】

■信頼失う新聞・テレビは滅ぶのか 池上彰さんが「楽観できない」と語る理由■

NHK記者からキャスターを経てフリーランスとなり、新聞や雑誌で多数の連載を持つ池上さんは、テレビから紙媒体まで日本メディアを深く知る。一方私(古田)は朝日新聞記者を経て、アメリカ発祥のネットメディアBuzzFeedに移り、紙とネット、日本とアメリカのメディアの違いを肌で感じてきた。

対照的なキャリアだが、問題意識は一致する。正確なニュースを報じ、民主主義社会のインフラとなるべき報道機関が信用されなくなっていることに、どう対応すべきか、という問題だ。結論から言うと、池上さんの見通しは楽観的なものではなかった。だが、希望も見出していた。私もその意見の多くに同感だった。対話に近いインタビューは、アメリカで大問題となったフェイクニュースとメディアの信頼性の話題から始まった。

■信頼失う新聞・テレビは滅ぶのか 池上彰さんが「楽観できない」と語る理由■
<メディアの信頼度 マスメディアへの信頼が日米で過去最低に>

フェイクニュースとは・・・・・・・・・・・・

 
 
yjimage (5).jpg 

 

引用・参考元 ヤフーニュース < BuzzFeed Japan>


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00010001-bfj-pol




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました