So-net無料ブログ作成

<熊本地震1年>なおくすぶる懸念「次の大地震」未活動断層も要注意! [危機管理]

スポンサードリンク




<熊本地震1年>なおくすぶる懸念「次の大地震」未活動断層も要注意!


大きな被害を出した熊本地震から14日で1年。2回起きた震度7の地震はどのように発生したのか。小規模も含めて余震が多発したが、震源に近い断層でまだ本格的に活動していない地域もあり、次の大地震を懸念する専門家もいる。

■阿蘇で地層が1.5メートル横ずれ■

 ◇余震が多発◇

 熊本地震は、昨年4月14日に発生したマグニチュード(M)6.5の前震、同16日にあったM7.3の本震の両方で、震度7を記録したことで注目された。観測したのは熊本市の東の熊本県益城町だ。前震と本震それぞれを起こした2本の断層帯が地下で交わるうえ、軟弱な地盤だったことが影響したとみられている。

 小規模なものも含めて地震が多発したことも特徴だ。気象庁によると、揺れを感じない小さな地震も含めると、九州全体で1年間に13万回も発生。大部分が熊本地震の余震だ。M3.5以上に限っても339回も起きた。最大震度7を記録した他の内陸型地震の発生後1年間を見ると、2004年の新潟県中越地震(M6.8)は200回台半ば、1995年の阪神大震災(M7.3)は100回を少し上回る程度で、熊本地震での多さが際立つ。

 東北大の遠田晋次教授(地震地質学)は「九州には、分かっている活断層のほか、隠れた小さな断層も・・・・・・・・・・・・・・・


 
 

 

 20160528004857.png

 

引用・参考元 ヤフーニュース < 毎日新聞 >飯田和樹
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000032-mai-soci
図表 地震調査研究推進本部地震調査委員会 熊本地震評価
http://www.static.jishin.go.jp/resource/monthly/2016/2016_kumamoto_3.pdf#search=%27%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87+%E5%86%85%E9%99%B8%E6%80%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87%E7%99%BA%E7%94%9F%E7%8A%B6%E6%B3%81%E8%A1%A8%27




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました