So-net無料ブログ作成
検索選択

不老長寿は幸せなの? 800歳まで生きた姫の伝説が残るお寺に質問をぶつけてみた [歴史探訪]

スポンサードリンク




不老長寿は幸せなの? 800歳まで生きた姫の伝説が残るお寺に質問をぶつけてみた


人魚の肉を食べて不老長寿となり、800歳まで生きたといわれる「八百比丘尼」(はっぴゃくびくに/やおびくに)という伝説の姫がいる。『妖怪ウォッチ』や『陰陽師』のゲームにも登場するので、ファンなら知っているかもしれない。

八百比丘尼の伝説の地へ

そんな八百比丘尼の伝説の地のひとつ、福井県小浜市にある曹洞宗の寺「空印寺(くういんじ)」に行ってきた。なんと、この寺の境内には八百比丘尼が入定(にゅうじょう)したといわれる洞窟があるのだ。入定とは、生きたまま身を隠して静かに死を待つことである。

昔、このあたりは海だったそうで、洞窟は波の浸食でつくられた海蝕銅(かいしょくどう)だという。奥行きは数メートルほどで、なかには「八百比丘尼」と彫られた石碑があった。洞窟のなかは、昼間でも懐中電灯があったほうが安全なほど暗い。

そんな伝説が残る空印寺の八百比丘尼だが、果たして超長生きは幸せなのか、住職に・・・・・・

 

 

E1491986180407_25f2_1.jpg 




記事・画像 引用・参考元 Excite News <bit>

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1491986180407.html


スポンサードリンク





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました