So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

こそこそ身を隠し、自暴自棄で精神も不安定と言われるが、まさに自業自得!自分で起こした不始末で、なに「分からんこと」言っているのか!自民離党中川氏 自殺未遂情報を追う! [この国の行方!]

こそこそ身を隠し、自暴自棄で精神も不安定と言われるが、まさに自業自得!自分で起こした不始末で、なに「分からんこと」言っているのか!自民離党中川氏 自殺未遂情報を追う!


 


行方をくらましてしまった中川氏!  国会議員の身であり、破廉恥罪的不始末をしでかしながら、何故こそこそ逃げ回っているのか!?そんな無責任対応じゃ、離党では済まぬ!即刻議員を辞めよ!


 


 女性問題を理由に経済産業政務官を辞任し、21日には自民党に離党届を出した中川俊直衆院議員(46)に永田町で一時、自殺未遂説が流れ、政治担当記者たちを慌てさせた。スキャンダル発覚後、謝罪・釈明会見すべきとの声も無視し続けている中川氏が「手首を切って、病院に運ばれた」というショッキングな情報が駆け巡ったのだ。辞任以後、姿をくらましてしまった中川氏の行方は――。


 


 週刊新潮で報じられた愛人女性との重婚ウエディングやストーカー騒動、さらに21日発売のフライデーでは、3月にも報じられた前川恵衆院議員(41)との“密会”が再び報じられるなど、“花の3世議員”からすっかり“不倫男”で、悪名をとどろかせてしまった中川氏。


 


 18日に政務官を辞任後、フェイスブックで2度にわたって、反省の弁と刑事事件には関与していないと釈明した一方、表舞台には・・・・・・・・・


 


     つづきはこちら☞ http://mahoroba19.com/archives/6163


 


116f6_1399_dfe32600_b70af8e2.jpg

 


引用元 livedoor newstousupo web


http://news.livedoor.com/article/detail/12970870/


 


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

フクイチ原発の不条理!おしどりマコさんが、明かす 「ガスが止まっても福島に通う」意味! 芸人魂! [人物]

 フクイチ原発の不条理!おしどりマコさんが、明かす 「ガスが止まっても福島に通う」意味! 芸人魂!



 先月「NNNドキュメント」(日本テレビ系)で「マコ&ケンの原発取材2000日」が特集された、ジャーナリストでもある夫婦漫才「おしどり」。3・11から6年、困窮に陥りながらも、福島第1原発の現状を見続けてきたマコさんに話を聞いた。



 ■芸人活動と並行して原発取材■



 ――3・11を機にジャーナリストを始めた動機と、東電の反応は?



 「直ちに影響はない」という報道が溢れた時、テレビに出てるタレントたちが東京から避難してるのを目の当たりにし、何が起こっているのか自分で調べようと。初めて会見に行った時は東電に甘く見られた気がしますが、でも、東電はすべての記者さんに「どうせ原子力のことわからないでしょう、だから的外れの質問をして」という感じで。今、私はさまざまな誤りを指摘し続けるので、東電は何度も訂正したり謝罪したり。新しい会見担当者が来られる度、「お手柔らかにお願いします」と挨拶されます(笑い)。



 ――お金は大変では?◇



  福島に通う交通費が掛かる(しかも2人分)ので、ガスや電話は何度も止まって。仕事を失うかもしれないから自分の言いたいことを言わず、やりたいことをやらない・・・・・



  



</div><div align="center"> </div><div style="text-align: center"><a href="http://mahoroba19.com/archives/6158"></a><a href="http://mahoroba19.com/archives/6158">つづきはこちら</a></div>



 



    続きはこちらをチェック ☞ http://mahoroba19.com/archives/6158



 



記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ < 役者・芸人貧乏物語 >(聞き手=松野大介)



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/201676/1



  


b77aa94ecb1d21deccccf3d216b12ed220170317132826904_262_262 (1).jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【さくら紀行】千曲川「村山橋~小布施橋の河川敷に咲き誇る櫻」特集! [桜紀行]

【さくら紀行】千曲川「村山橋~小布施橋の河川敷に咲き誇る櫻」特集!


 


春遅い北信濃も漸く桜が咲きだした!未だ寒い日もあるのだが、視界に花の色が入るという事は、心も「わくわく」する! 須坂市内は満開になっているが、高山村の櫻は、役場辺りで、5分咲き、標高の高い、赤和観音、水中、黒部はマダマダ1~2分咲き。坪井で3分咲きである。


  この界隈では、千曲川が一番低いところにある訳だが、本日は千曲川の河川敷に咲く櫻を訪ねてみた。「もう散ってしまったかな」と思ったが、満開を超え、桜吹雪が激しかったが、未だ未だ充分に鑑賞できるレベルだった! 村山橋の両岸、それから小布施橋にとんで、3か所の櫻をご案内いたします。


   先ず村山橋の上流に向かって左岸(長野市側)の桜並木です。ここは村山橋の直下上流側の、村奈襺稲荷大明神の周囲を桜が取り囲んでいる。豪華絢爛の櫻である。


  それでは、千曲川村山橋の両岸と、3kmほど上流の小布施橋の河川敷のさくら紀行としゃれ込もう! 3か所9景をご案内いたします!


 


</div><div align="center"> </div><div style="text-align: center"><a href="http://mahoroba19.com/archives/6141"></a><a href="http://mahoroba19.com/archives/6141">つづきはこちら</a></div>


 


   続きはこちら ☞    http://mahoroba19.com/archives/6141


 


 admin-ajax.jpg 縮小版.jpg


記事・画像 Original 


 


 


 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

キイトルーダはオプジーボと何が違う? 肺がん専門医の解説・見解! [健康]

キイトルーダはオプジーボと何が違う? 肺がん専門医の解説・見解


 人が持つ免疫力を呼び戻してがんを退治する「免疫チェックポイント阻害薬」。非小細胞肺がんに対し、「オプジーボ」に次いで「キイトルーダ」が発売されたのが今年2月。この2つの薬は何が違うのか。日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医で神奈川県立がんセンター・呼吸器内科の加藤晃史医長に聞いた。


  免疫チェックポイント阻害薬の中でも、オプジーボとキイトルーダは「抗PD―1抗体薬」という種類。がん細胞は、表面に「PD―L1」というタンパク質を出す。


  これが免疫細胞「PD―1」に結合すると、免疫細胞の働きが抑制されてしまう。


  抗PD―1抗体薬は、がん細胞のPD―L1と結合して免疫細胞のPD―1との結合を阻害し、免疫細胞の攻撃力を高める薬だ。


 ◆抗がん剤なしで使える■


 「オプジーボもキイトルーダも同じ抗PD―1抗体薬なので、期待できる効果は同じです。大きく違うのは使用方法です。先に承認されたオプジーボは、抗がん剤(分子標的薬を除く)が効かない患者さんへの2次治療の使用が認められていますが、キイトルーダは1次治療、2次治療のどちらでも使えるのです」


 ただし、キイトルーダも使用できる患者の条件が・・・・・・・


 


 


           続きは ☞ http://mahoroba19.com/archives/6137


 


ダウンロード-271.jpg

 


     記事・画像 引用・参考元 日刊ゲンダイ 


     https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/203927/1


 


 


 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【さくら紀行】北信州でも漸く桜が咲いた!厳しい冬を耐え抜いて一斉に開花した「須坂の櫻」をご紹介! [桜紀行]

【さくら紀行】北信州でも漸く桜が咲いた!厳しい冬を耐え抜いて一斉に開花した「須坂の櫻」をご紹介!


 


 厳しい冬を耐え抜いて、北信州須坂にも漸く桜が咲き始めた! 本年はゆっくり桜を愛でる余裕がないのだが、そこは「日本人のこころ櫻」である! 合間を探し出し、3時間半という強行軍で、桜を撮影してきた! 


  毎年この時期は、桜を見に行くのだが、やはり1年も経てば、いろいろ変化しているのが解る。特に今年は、風害の痛手で、倒木したり、枝が根元から折れたりして、嘗ての景観が損なわれた桜が結構あったのは残念である。


  行く先々桜を愛でに来た人に逢ったが、結構遠くからお見えになっている。何れもカメラを携えているので、いろいろな場所を撮影している同好の士と思えたが、北信州の櫻は開花が遅いので、地元の櫻を撮り終えた後、「未だ咲いている桜はないか!?」と、パンフを片手にやってくるのだろう! 地元の住人としては嬉しい限りである!


  それでは「信州蔵の町須坂」の櫻7景をご案内いたします!


             続きは ☞ http://mahoroba19.com/archives/6120


 


 


18010760_1012783298851751_6609686096121582788_n.jpg

 


記事・画像 Original


 


 


 


 


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -